ABOUT THIS SITE

トゥイッターでよろしく。

CALENDAR

<   2018-11   >
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 


SEARCH



 最近キーボードを打つのですら面倒で・・・。これはもはや氏ぬしか。そうか、キーボードを打つのが面倒ならWX5を吹けばry
 閑話休題。先輩からタイトルの物件をいただいてきました。今更GSA-4167Bに興味はないのでもちろん目的はUSB変換のケースです。実は目立製のHLDSドライブは初ですがとりあえずDJ13だけ充てて取り出します。今回の目標は現状SATAUSB変換ケーブルを挿したまま裸で放置されているBDC-S02J-BKにガワを着せることということで。

DVSM-X516IU2
VL70-mを地図中古で買った」という記事がないあたり、WX5はあまりにカワイソス。吹奏楽経験者、誰かオクターブまたぎの練習方法を教えてくれ。

 ケースを見ると外側にネジが無い。100%はめ込みなら無理矢理開けると爪を折りかねない状況。とりあえず観察してみる。露出しているネジはもちろん、隠しネジもなさげ。トレイカバーの形状に関しては融通が利きそうなので問題はない。このあたりからこじあけるしかないのかと思いきや、ケース下部に縦置き用の足を挿す以外の隙間が規則正しく4つ。あやしい。トレイ強制排出用のピンを押し込んでみる。む、手応えあり。4つともおす。おお、ポンという音とともにご開帳である。なんとイージーメンテナンスであることか。
開腹が済んだのでケースの中身拝見。電源部とPATAからUSB2.0&IEEE1394に変換部の2枚構造。とりあえず電源容量はあんまり気にしない。しかしGSA-4167Bは奥行きが短いタイプのドライブなので、そうではないBDC-202が入るかどうか微妙。またPATAのIFはケーブル直付けなので手持ちの昇龍は使えない。いろいろ変換基板やケーブルをいろいろ組み合わせてみるがぐちゃぐちゃに。電源を二股にしないといけない時点できれいでない。仕方なく工房まで出向き男の大臀筋を調達。BDC-202に装着して試しにケースに寝かせてみると入りそう。GSA-4167Bについていたケースに固定する金具をはずして付ける。位置もぴったり(規格品ぽい)。PATAのケーブル以外はきれいに収まったのでふたを閉じる。一応完成。
USBを挿して電源を入れる。イジェクトボタンもちゃんと使える。トレイふたが自動ではちゃんと閉まらないがこれは諦める。あとはわざわざUSB変換している原因となっているソフトで動作確認し、ミッションコンプリート。お疲れ様でした。
2009-03-02_00:30-ut::ひかりでぃすく

Comments


No comments yet

Add Comments

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。

Trackbacks

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

Related Items

Local search for: DVSM-X516IU2 (のガワ)

Google search for: DVSMX516IU2(のガワ)